~CSP便り❤~

CSPファンの方々からの嬉しいご報告お届けします
 

---❤CSP便り❤----松原職員連続2回研修会受講の保育士さんより---- 
・例題があった時に園での様子を思い出してみると良い行動の後にほめていたつもりでも足りな

  かったのかなと感じました。 悪い結果の時に「なぜ」ということを伝えたいがために、またわ

  かってもらいたくてじっくり関わっていたと思いました。 アタッチメントを求めている子には逆効

  果だと知ったので、関わり方を考え直したいと思いました。

・コモンセンスを習ったことで、ほめる子育てのイメージが分かりました。私は時には叱ることも必

  要だと思っていましたが,それを我慢するのではなく、まずできていることを伸ばすこと、また伝

  える事で人はかわるというのがステキなことだと思います。1つづつでも実践していきたいです。

・子どもの行動に①見せて話す ②良い結果、悪い結果を伝えるということは、子どもに

  とってわかりやすくとても良いことだと感じました。すぐに実践できることなので、早速実践して

  いきたいと思いました。また子どもが悪い行動をした時でも、大きな声をだす必要がないとい

  うことに気付けて良かったです。

・とても分かりやすい研修でした。2回続けて受講したのですが、1回目の研修終了後、研修

  で学んだことを実践しました。 子どもの良いところをしっかりとほめることで、子どもの嬉しそう

  な表情、意欲をもった行動が見られたり、また大人が言葉だけでなく、見本を示すことで子

  どもがスムーズに動いてくれる様になりました。研修を受けれて、本当によかったです。

・ビデオで実際の映像をみるとわかりやすかったです。訓練が必要ですね。家で我が子に実践

  しようとしても、すぐに良い結果や悪い結果が思い浮かびませんでした。考えておくことが大

  事だと思いました。実践したらほんとうにすばらしいし自分でマスターしたら、保護者にも知

  らせたいです。ありがとうございました。

 
---❤CSP便り❤--指導者Oさんより---- 
 
 今までたくさんのしんどさや辛さを経験し、人生楽しくない…とか、子育てなんて面白くない…
とか思いながらの人生が、今では本当に毎日毎日、子ども達と普通の生活を送れ、笑い合い、
そして、たくさんの友達や支えてくださる方々がいて、本当に恵まれているな~と実感しています(O^^O)
 たくさんのしんどさを経験してきた分、強くなりました。CSPに出逢い、本当に今までの経験が
役に立つというか…ネタには困らないくらいたくさんの経験がある私にとって(笑)、今、自分が
本当に気持ちが楽になり生活できている理由をたくさんの人に聴いて頂きたい!!と想いは強くなる一方です(*^^*)
 まだまだまだ勉強もスキルも必要ですが、自分自身が更なる幸せへのステップアップとして頑張り続けていきたいと思います(*^^*)
 
---❤CSP便り❤---昨年9月に資格取得の指導者Fさんより----
資格取得後は、実践に向け、さまざまな勉強会や実施される講座に参加や
見学をさせて頂きました。

代表の香川さんや小山さんの熱心なご指導やアドバイスも頂けたお陰で、
12月には守口市教委主催のヒューライツセミナーや
今年に入って1月には市民向けの講座も実施、アンケートにもたくさん好評を
頂き、CSP普及の必要性を実感できました。

また3月には市内公立中学校の3年生4クラス(4回)を対象に授業としての実施が叶い、責任のある社会人に成長してもらえるように願いを込め、
旅立ちへのエールを贈りました。

「こんなこともあるの知らなかった」「いい勉強になりました!」などこちらの不安とはうらはらに、中学生の素直さや理解力に感心させられま した。
今後は7回講座の計画(→達成されました)など少しでもたくさんの方々に知って頂く機会をつくっていきたいと考えています(^^)/
 
---❤CSP便り❤---指導者Hさんより----
 
私は現在、放課後ディサービス施設で働いてます。
そして、忙しい毎日の中で、CSPの素晴らしさを日々実感してます‼︎
 
相手の気持ちをくみ取るのが難しい子ども達とコミュニケーションをとる際、
 
・とにかく出来ている良い行動を全て、いちいちほめる!(効果的なほめ方)
 
・見せて話します:今、子どもがしてる行動を何度でも繰り返し伝えます(TIME)
 そして、その行動が良い行動か悪い行動か考えさせる。肯定的に指示する!
 何でも直ぐ投げつけてしまう子どもに、『離します。離します。離します。』と
 何度でも落ち着いたトーンで伝える。すると、10回若しくは20回に1回位はニコっと
 笑顔で離してくれます。
 
・まず大人が落ちつく:何度言っても指示に従わない子どもに対して、ついつい
 『何度言ったら分かるのぉー‼︎』と声を荒げたくなりますが、まず落ち着いて深呼吸する、
 ゆっくり行動する等して、自分を落ち着かせる。そうすると、不思議と子どもも落ち着いて
 きます。
 
☆このように、本当に様々なCSPの技が、今の私を支えてくれてます(^^)  
  &このスキルは  訓練も必要です!何度も何度も意識して練習して練習して、
  やっと実生活に活かせる。もし自分がCSPを知らずにこの職に就いていたなら?
  と想像しただけでしんどいだろうなぁと感じます。
 
☆是非この素晴らしい技を、一人でも多くの方に知って欲しい、と切に願います(^^) 
 
---❤CSP便り❤---日根野高校訪問---
 
2013年11月 ボーイズタウンの講師が大阪府立日根野高等学校を訪問。
高校生指導者皆さんの活動を絶賛!されていました。
日根野高校の指導者皆さん&今、保育士としてご活躍のOBのみなさんには
益々頑張って頂きたいと願います。

 <お願い>

いつも子育て支援活動(&CSP活動)にご尽力頂きありがとうございます。

 

下記の注意事項をお願いいたします。

 

*初級指導者の方々は、所属する職場内  (上級指導者の補助者として講座を勤める場

   合、所属外でも可能) また、所属する職場

   内のみで、初級指導者と名乗ることが出

   ます。

*上級指導者の方々は、正規セッション(7回

 講座)や、外部で報酬を伴う研修会等で

   CSP講座をする場合開催1ヶ月前までに認定

   主催団体許可を得ること。

   講座終了後、報告書を2週間以内に提出する

   こと。

 以上 日本事務局HPにて、ご確認ください。http://csp-     child.info/program_certification.html

 

 

*素晴らしいプログラムの内容を伝え

 たい!というお気持ちから、フェイ

 スブックやブログで、壁チャート画

 像や講座スライドがアップされてい

 たり、それぞれのCSPのセッション

 の内容を抜粋して、ネットプチ講座

 のようなお取り組みをされている方

 がいらっしゃいます。画像もちろ

 ん、文字だけの内容は、誤解を生じ

 ることもあると言われておりますの

 で、当初のお願い通り、たくさんの

 方々対象のネットへの掲載は、一切

 改めて頂きたくお願いいたします。

 

以上 それらを見つけた方はcspet2011@yahoo.co.jpまでご連絡をお願いいたします。