facebook

コモンセンスNW  

http://www.facebook.com/cspnw

Links

【コモンセンスペアレンティング幼児版研修日本事務局】

http://csp-child.info/

<全国の各講座のご案内・教材の販売など はこちらを>

 

-------------------------------------

【一般社団法人日本ボーイズタウンプログラム振興機構】

http://www.ibpf-japan.org/ 

 

「安全で安心な里親支援の方法」

ーBoys Town,ケンタッキー州の事例から学ぶー

安心で安全な社会的養護の形を作ることが急務となっている現在、先行事例は私達の確かな水先案内人となるでしょう。早期に里親スタイルを成し遂げたBoys Town、既存のシステムから緩やかに移行したケンタッキー州の事例は、里親支援を模索中の私達に大きな知恵を与えてくれるに違いありません。このシンポジウムでは既存の資源を生かした里親への移行からリクルート、支援技術とその体制までの概観を学ぶことが出来ます。里親関係者から児童福祉施設、児童相談所まで幅広い分野からのご参加をお待ちしております。

 

「家族再統合の成功と安定した里親支援モデルの構築」のためのシンポジウムの報告書をアップしました

2017年10月3日(火)日本財団、10月5日(木)大阪府立男女共同参画・青少年センターにて、「家族再統合の成功と安定した里親支援モデルの構築」のためのシンポジウムの報告書を、日本財団図書館にアップいたしました。「家族再統合」に向けた、アメリカの先進的な取り組みや、日本の現状を盛り込んだ内容となっておりますので、ご一読いただければ幸いです。http://nippon.zaidan.info/jigyo/2017/0000092005/jigyo_info.html

 

「家族再統合の成功と安定した里親支援モデルの構築」のためのシンポジウム終了

2017年10月3日(火)日本財団、10月5日(木)大阪府立男女共同参画・青少年センターにて、「家族再統合の成功と安定した里親支援モデルの構築」のためのシンポジウムを開催し、両日合わせて166名のご参加をいただきました。

8月に公表された新しい社会的教育ビジョンの中に、国連ガイドラインの「パーマネントソリューション」が盛り込まれたことにより、「家族再統合」に向けて大きく動き始めました。今回のシンポジウムでは、アメリカより2名の専門家を招き、講演をしていただきました。一人目は、カリフォルニア州オレンジ郡家庭福祉局長のブロックサム女史で、彼女の所属するオレンジ郡では、すでに50-60%の子どもが家族再統合を果たし、残る半数は里親ケアを含む長期的な養育環境の中で子どもたちが育まれています。

2人目は、ボーイズタウン法務部本部長のジャンセン女史で、彼女の所属するボーイズタウンは、フォスタリングエージェンシーとして、全米だけでなく世界各国で、活動し実績をあげています。里親支援モデル、インホームモデルなど、100年の経験と実績から構成される様々な支援プログラムは、彼らの強みです。

 

日本とアメリカでは、法律が違うため、同じようなモデルを使うことは難しいが、今の日本の状況下で取り入れられる様々なヒントを得られたシンポジウムとなりました。

 

-------------------------------

【コモンセンスペアレンティング(CSP)子育て支援プロジェクトサンシャイン八尾】

http://ameblo.jp/sunshine-yao/

親支援プログラム研究会陽喜隊

https://www.facebook.com/csp.youki2012

山上恵理 キッズヨガ★コモンセンスペアレンティングで毎日をHappyに】

 

http://ameblo.jp/happyorangesun/

<お願い>

いつも子育て支援活動(&CSP活動)にご尽力頂きありがとうございます。

 

下記の注意事項をお願いいたします。

 

*初級指導者の方々は、所属する職場内  (上級指導者の補助者として講座を勤める場合、所属外でも可能) また、所属する職場内のみで、初級指導者と名乗ることが出ます。

*上級指導者の方々は、正規セッション(7回講座)や、外部で報酬を伴う研修会等でCSP講座をする場合開催1ヶ月前までに認定主催団体許可を得ること。

   講座終了後、報告書を2週間以内に提出すること。

 以上 日本事務局HPにて、ご確認ください。http://csp-     child.info/program_certification.html

 

 

*素晴らしいプログラムの内容を伝えたい!というお気持ちから、フェイスブックやブログで、壁チャート画像や講座スライドがアップされていり、それぞれのCSPのセッションの内容を抜粋して、ネットプチ講座のようなお取り組みをされている方いらっしゃいます。画像もちろん、文字だけの内容は、誤解を生じることもあると言われておりますので、当初のお願い通り、たくさんの方々対象のネットへの掲載は、一切改めて頂きたくお願いいたします。

 

以上 上記お気づきの方はcspet2011@yahoo.co.jpまでご連絡をお願いいたします。